2006 03 26 奥多摩周遊道路 柳沢峠 クリスタルライン 雁坂トンネル 栃本関所 さくら湖 有馬峠 270キロ ガスガスの旅。
今回はビータでワンオフで製作していただいたリヤフェンダー下サブタンク2リットルのおかげで不安なく長距離ツーリングが出来た。それでも
給油は4回 70キロ前後で給油をしたが、平均燃費が17程度だったので 理論上120キロ前後は満タンで走る計算になる。最後の給油は塩山牧丘で給油し
埼玉県 名栗での給油と 限界まで引っ張ってみた・ちょっと精神的に良くないが、予備を装備したので押すことはない。雪の有馬峠からはエンジン切って惰性走行が効いてこの区間は20キロ走った。 それしにてもムービに載せているが、このバイクは峠では特に楽しいく奥多摩のローリング族をコーナで簡単に刺すことが出来た。 途中同じモタードでフサベルのツナギを着た気合十分の方と一緒に走ったが 後ろでフサベルのド派手なスキール音を聞きながら、こちらはハングオフでマージンとりながら離すことが出来たが相当なツワモノだ。
それにしてもモタードは止まる 曲がるがに余裕があり、無理をしないで安全マージンを大きく取りながら楽しめるのは素晴らしい。
予備タンクどこから見てもその存在が見えないのがポイント ワンオフだから出来たのだが、折角のオリジナルデザイン崩したくないからここは重要。 


ジェットコースターのようだ。

何時もの山坂道 標高1000はあるが、雪は無い。


標高1100メートルにあるダム 北斜面には雪が残る  何時もの道そう最後は去年の11月だ。 

名峰金峰山                           有名らしい牧丘の馬刺し 

 雁坂トンネルを抜けた後  栃本の集落 やせた土地と斜面に畑が広がる いまだ江戸の面影を残す家もある。ここで自給自足していた時代があったのだ。 

そして関所 こんなところに関所があるここで甲斐に渡れない人も多くいたのだろう。 またここから甲斐には厳しい峠道がだから宿屋も存在し小さな町を作っている。 このころ生まれていたら大変だ。 


有馬越えでの雪道 モタードならこのくらいなら安心して走れる。

広告 [PR] 高収入  メイク 美容家電 無料レンタルサーバー