買い物をしたオリビエートをあとに シエナ とサンジャミニャーノ そして久しぶりのピサに向かう。


朝早いシエナ ここのパーキングに止めた 最近こつを掴んでおり パーキングは何時も最高の場所に止めることができる。それはイタリアっ子も黙るずうずうしさが必要。



個人的にはあまり人が多すぎで情緒のないシエナを去ってサンジャミニャーノに向かおう。








素晴らしいサンジャミニャーノの遠景 ナビにも出ない道を走るとほどなくして見えた 素晴らしい。


日の射し加減で表情が変わる。 







到着 トスカーナの感じ。 

塔の町だけあって塔が多い権力の象徴だそうだが良くこんな財力があったものだ。 


ここで食事この町は最高にいい 人も少ないし 静か聞こえるのは風と鳥の鳴き声だ。




全てがおいしかった。 こんなところで食事は最高だ。 となりの外人もパーフェクト連発。 

この人写真とってー って叫んでたからとってあげたら喜んでた。 ふしぎ。 チャオ・ 


すばらしきサンジャミニャーノをあとに最短時間でピザに移動することにした。
ピザも久しぶりだ。 今度こそいい写真を撮りたい。しかしここから見るピザ方面は雲が厚いな。

途中大雨に降られたがピザに来ると円形上に晴れ間が うーん晴れ男パワー炸裂? て自分で言うのもおかしいが 奇跡に近い晴れ方だった。
また怪しい日本人が イタリアッコのように城壁の中まで入り斜塔の近くのパーキングスペースに車を押し込んだ。 さーてとりまくるぞ。。

晴れ具合。それは写真でも見て取れる ピサを中心に真上が青空 その外縁は厚い雲だ。



 なんでこんなポーズとるかなー  古すぎ。 



修復も完了。 今日は空いている最後のチケットをゲット。 さて登るとしよう。 


斜めだから真下をとると建物が見える部分とそうでない部分がある。 また階段は傾いた方向により上りやすさが異なる。 ガリレオはここでほんとうに実験したのであろうか?




んー傾いてる ここの上をくるくる手放しで回れるのは高いところが好きだから?? さて日が暮れた ホテルまでまだ70キロはある帰ろう。

マーボ豆腐じゃない。 ここでは魚介類がおいしかった。 ハーフボトルのワインも含め120ユーロ  旅中はけちりたくないし、この1日1日の贅沢があとでボディブローのように効いて来る。 


無事到着 ナビ君のおかげ。 モンテカルテーニテルメの4つ星 ホテル。食事も最高だった。
 

広告 [PR] 高収入  メイク 美容家電 無料レンタルサーバー